安月給に悩む全てのPT・OTへ…

この記事には、

一部の理学療法士・作業療法士にとって

「不快な内容」が含まれています

 

 

 

※ご覧になる場合は自己責任でお願いします。

 

 

 

 

あなたがもし、

療法士の安月給に悩み

収入を上げたいと思っているのなら、

 

 

なぜ、「どんな経験」を積んでおくか、

「どんな手技や知識」を身に付けていくか、などの

自己研磨』をしてはいけないか知っていますか

 

 

 

 

もしあなたが将来、転職を考えている療法士なら、

なぜ「転職サイト」を見てはいけないか知っていますか?

 

 

 

 

もしあなたが

給料に不満を持つ療法士なら、

 

あなたは、今すぐやっておくべき

最重要事項が何であるか知っていますか?

 

(実は多くのPTOTは、

これをやっていないがために負け組ルートを歩んでいきます)

 

 

 

 

この記事では、

なぜこれらが間違いなのか。

 

そして

その間違いを正し、

僕が療法士で月収600万円以上を実現するに至った

“ある1つの手法”についてお伝えします。

 

 

 

 

僕はこのノウハウに出会う前、

 

僕は元々、一般的な回復期病院に勤める

手取りの給料が18万円の普通の療法士

でした。

 

 

 

でも、

このノウハウを活用したお陰で

月収が一気に200万円以上上がったり、

 

1人数万円ほどの値段がする

高級料理を日常的に食べれるようになったりと、

 

他のセラピストから羨ましがられるような

贅沢な暮らしを送れるようになりました。

 

 

 

その結果、ありがたいことに、

僕は周りの人たちから

 

「成功していますね」

と言われるようになったわけですが…

 

 

これからその方法について話していきます。

 

 

 

 

でもその話をする前に、

まずあなたに話しておかなければ

ならないことがあります

 

 

それは、冒頭でお伝えした、

療法士が収入アップを狙う上で

やってはいけない間違いについての話です。

 

 

 

 

でもこの話は多くのセラピストにとって

ちょっと厳しく残酷な現実でもあるので、

 

あなたが安月給に悩んでいる療法士なら、

少し心の準備をしてから

この話を聞いてください。

 

 

 

 

また、この記事は

どれぐらいの間、公開できるか

分かりません。

 

なので、

今すぐこの続きを見てください。

 

 

・・・準備はいいですか?

 

 

 

 

 

 

 

まず、

やってはいけない

大きな間違いがあります。

 

 

これは、

「給料アップを狙うPTOT」が

よくやってしまう間違いです。

 

 

 

それは

「どんな経験」を積んでおくかといった

臨床経験ベースでの考え方や、

 

「どんな手技や知識」を身に付けておくべきか、

といったリハビリ職としての自己研磨頑張ってしまうことです

 

これはやらないでください(やってはいけません)

 

 

 

 

実際、収入が上がらないセラピストの最大の問題は

「自己研磨にお金と時間を費やす」

ということなのですが、

 

これは絶対にやってはいけないことなのです。

 

 

 

 

理由は簡単で、

 

どんなに優れた手技や知識でも

給料には全くと言っていいほど

反映されませんし、

 

僕たち医療職は、患者への貢献度、

あるいは満足度などには一切関係なく、

国の診療報酬によって報酬が決まっているからです。

 

 

 

 

つまり、

どれだけ質の高いリハビリを提供できようが、

どんなに優れた知識を持っていようが、

病院や企業側から見れば評価の対象にはならないということですね。。

 

 

 

 

もちろん、例外はあります。

 

ですが、ほとんどの療法士は一生懸命

勉強して自己研磨に励み、

レベルの高い手技や知識を身に付けたとしても、

結局のところ、努力は報われないんです。

 

 

つまり、

療法士としての能力やスキルと、

給料が上がるかどうかは、

別物だということです

 

 

なので、今あなたが

「安月給に悩み、将来のためにどうにかしよう」

思っているのなら、

 

 

「どんな経験を積むか」とか、

「どんな手技や知識を身に付けていくか」などの

キャリアップを前提とした考え方をしないで下さい。(そういった行動をしてはいけません)

 

 

どんな臨床経験を持っていても、

どんな知識や技術を持っていたとしても、

給料が上がるわけではないからです。。

 

 

 

 

今、あなたが何歳かはわかりませんが、

報われない努力を続けていても

その先の人生が豊かになることは決してありません

 

 

療法士としてスキルアップを目指すことは、

「焼け石に水」と言わざるを得ないほど何ら意味のないことです

 

 

間違っても、「将来のために自己研磨する」

なんて頑張り方をしてはいけません

 

 

 

 

 

2つ目の間違いは、

「転職サイト」を見ることです。

 

 

転職サイトで求人を見ないでください

(転職サイトで求人を見てはいけません

 

 

 

 

給料の安さに不満を持っている療法士は、

漠然と「転職サイト」を眺めだす方が非常に多いですのですが

 

 

転職サイトに出ている求人というのは、

「人が集まらないから」サイト上に掲載されているのです

 

 

 

 

もし、本当に条件の良い求人であれば、

わざわざ広告費をかけて転職サイトで宣伝しなくても、

自然に人は集まってきます。

 

 

つまり

誰でも見れる求人というのは、

共通してどこか完璧でない職場であるということですね。。

 

 

 

 

例えば

 

▶月給が高い代わりにボーナスが極端に少なかったり、

▶退職金がほとんど出なかったり、

▶あるいは休日が少なかったり

▶もしくは内部でのセクハラやパワハラがあったり、

▶人間関係が悪く離職率の高い職場だったり

 

 

↑このように、「何かしら問題がある職場であるパターン」が多いのです

 

 

 

だから、

転職サイトに載っている質の悪い求人を見ていても

対して意味はありません

 

 

 

 

 

やってはいけない間違いの

3つ目は

 

「現状維持」です。

 

 

 

 

ちょっとクリティカルな話をしますが、

聞いてください

 

 

僕は、

「このままではマズい」と思いながら

何も行動せずに堕落していく療法士を

たくさん見てきました。。

 

 

 

 

30代、40代になっても年収が300万円台~400万円以下というのは、

客観的に見てもかなり悲惨な人生です。

 

 

下手をすれば

収入が理由で結婚ができなかったり、

仮に結婚していても子供に苦労をかける貧乏生活になるのは必然でしょう

 

 

 

一生、独身で節約しながら

こじんまりと生きていくのであれば

何とかなるかもしれませんが、

 

ぶっちゃけ、茨ばらの道と言わざるを得ません。。

 

 

 

 

 

さて、それでは

記事をここまで熱心に読んでくれたあなただけに、

 

 

僕が「年収600万円以上を実現するに至ったノウハウ」

お伝えしていきたいと思います。

 

 

 

 

それは

 

 

 

 

PTOT人材バンクという

転職エージェントを使った手法です。

 

 

 

 

この「PTOT人材バンク」は、

無料登録することで「非公開求人」と呼ばれる

レア求人を見ることができるのですが、これがまぁ非常にチートなんです

 

 

 

 

分かりやすく言えば、「一般の転職サイトではまず出回らないような、

好条件の求人」を見ることができるわけです。

 

 

また、住まいや希望の地域などを事前に登録しておくことで、

新しい非公開求人が出た時にメールでも知らせてくれます。

 

 

 

 

僕は

この「非公開求人」を活用して

好待遇の職場へ転職する機会に恵まれ、

 

他の療法士とは一線を画す、勝ち組セラピストになりました。

 

 

 

 

実際に今すぐ転職する必要はありませんが、

 

PTOT人材バンク」に登録して

非公開求人の情報を仕入れておくことは

給料を上げたい全てのリハビリ職が第一にやっておくべきことです。

 

 

 

 

「思いがけない収入アップの話」というのは、

こういうコネから舞い込んでくるものです

 

 

 

 

もちろん

無料で登録できるので、

あなたにリスクはありません…

 

 

 

 

あなたが背負うのは、

たった5分の手間だけです

 

 

 

 

もし、あなたが安月給に不満を持つ療法士なら、

将来のため、あなたの大切な人を守るために

今すぐ行動してください

 

 

 

 

下のボタンをクリックして、

「PTOT人材バンク」から非公開求人の情報を受け取って下さい

 

» 非公開求人を見てみる