理学療法士・作業療法士の年収は中央値を参考にするべき理由

 

ペンきち
理学療法士・作業療法士の年収中央値っていくら?

 

 

いきなり結論からお伝えすると、PT・OTの年収中央値は351万円です。

 

これって全国的に見ても、かなり低年収な仕事ですよね…

 

国家資格とは名ばかりで、実際のところPT・OTは給料が安すぎて不満を抱える人が多いのが現状でしょう。

 

そして、PT・OTの年収って実は平均年収よりも年収中央値の方が実情に近いんですよ。

 

 

今回は理学療法士・作業療法士の年収中央値について解説していきます。

この記事を書いた人

リハネコ
  • 経験年数7年目の現役療法士
  • 転職で年収350万→年収550万
  • 世帯年収1000万円越え
  • 副業月収7万円越え
  • 臨床実習指導者講習修了
  • 急性期~維持期まで全ての臨床現場を経験済み

Twitter:@リハネコ

この記事で分かること
  • PT・OTの年収中央値
  • 年収中央値と平均年収の違い
  • 年収中央値が重要な理由
  • PT・OTで年収を上げる方法

 

PT・OTで高年収を目指したい人は、下記の記事も参考にしてみて下さい。

あわせて読みたい
理学療法士として勝ち組になるには?|PTで勝ち組になれる4つの働き方 理学療法士や作業療法士の平均年収は409万6400円ですが、実はほとんど昇給がないという実態があるため生涯年収で見るとかなり絶望的です。では理学療法士がこの安月給から抜け出して勝ち組になるためにはどうすればいいのでしょうか?今回は理学療法士で勝ち組になるためのキャリアプランについて解説していきたいと思います。

» 療法士で勝ち組になれる4つの働き方

目次

理学療法士・作業療法士の年収中央値はいくら?

 

平均年収.JPさんのデータによると、理学療法士の年収中央値は351万円です。

 

性別 理学療法士の年収中央値
男女計 351万円
男性 390万円
女性 312万円

 

 

ペンきち
年収351万円って低すぎる…。ちなみに平均年収はどのくらい?

 

 

 

厚生労働省の令和元年賃金構造基本統計調査によると、PT・OTの平均年収は409万6400円です。

 

PT/OTの平均年収(控除前)
409万6400円

 

比較すると

  • 年収中央値は351万円
  • 平均年収は409万6400円

 

年収中央値とは、それぞれの年収を下から順に並べたときの真ん中(中央)の年収値のこと。

 

 

つまり、療法士は平均年収と年収中央値で約60万円程の差があることになりますね。

 

 

ペンきち
理学療法士・作業療法士は平均年収と年収中央値でこんなに差があるんだね。なんでこんなに差が出るの?

 

 

一言で言うと、年収格差がある場合に平均年収と年収中央値で差が開くんですよ。

 

それぞれの年収に開きがあると、平均年収よりも年収中央値の方が正しい実情を表している場合もあるのです。
では次に、『年収中央値を参考にするべき理由』について解説していきますね。

理学療法士・作業療法士の年収は中央値を参考にするべき理由

 

PT・OTの年収は平均年収よりも年収中央値の方が実情に近いんですが、何故だと思いますか?

 

 

その理由は以下の3つです。

 

  • 給与水準の低い病院勤務が大半
  • 年代別の年収差が少ない
  • 分野によって年収相場が違う

 

 

まず、理学療法士・作業療法士は20代・30代の若手が多く、年収の相場が低い病院勤務の人が半分以上を占めているのです。

 

 

そのため、療法士全体の割合で見たときに年収の低い職場で働く人が大多数を占めているのが現状です。

 

 

ペンきち
なるほど。療法士は若手が多い業界で、そもそも年収相場が低い病院勤務の人が多いんだね。

 

 

さらに、理学療法士・作業療法士には昇給が少ないというデメリットがあります。

 

勤続年数を重ねても給料がほとんど増えていかないため、若手でもベテランでも年代による年収差があまりありません。

 

 

そして、ご存じだとは思いますが理学療法士・作業療法士は働く職場の分野・領域によって年収の相場が違いますよね。

 

 

ペンきち
確かに、訪問リハビリや老健などの介護・在宅分野で働く療法士は給料の相場が高いよね。

 

 

上述したように、病院勤務であればおおよそ年収350万円から高くても400万円前後の療法士が圧倒的に多いわけですが、介護・在宅分野で働くPTやOTは平均以上の年収を貰っている人も大勢います。

 

(この辺の話については【療法士として勝ち組になるには?|将来周りと差をつけるキャリアプランを解説】)という記事で詳しく解説していますので、興味がある方は合わせてご覧下さい。

 

 

例えば、訪問リハビリではインセンティブ制度(出来高制)を利用して年収600万円程を稼ぐ人もいれば、老健やデイケアで平均以上の高い年収を貰っている人もいます。

» 療法士で勝ち組になれる4つの働き方

 

また、大学教授であれば年収1000万円近く稼ぐ人も普通にいますし、保険外で行う自費リハビリ施設で働くPT・OTであれば、それよりもさらに高い年収を稼ぐ人もいます。

» PT・OTで年収1000万が稼げる3つの働き方

 

 

ペンきち
同じ療法士という資格でも年収に格差があるんだね。

 

 

このように、理学療法士・作業療法士は一部の高所得者が平均年収をつり上げていますが、実際は低所得者がほとんどなので年収の中央値を見ることが大事なわけです。

 

 

そして上述したように、理学療法士や作業療法士は昇給がかなり少ない業界です。

 

平均年収よりも年収中央値の方が実情に近いということは、つまりPT・OTは年収中央値である351万円から年収がほとんど上がっていかない人が大多数というわけです。

 

 

ペンきち
ただでさえ年収が低いのに、そこから昇給もほとんどないとなると厳しいね…

 

 

20代前半から350万円程度の年収を稼いでいれば世間的に見るとそこそこ良い方なのかもしれません。

 

しかし、この先30代・40代・50代と年収が全然増えていかないことを考えると金銭的に地獄です。

 

はたしてこの年収で、結婚して家庭を持ったり、子供の学費・老後資金等、あらゆるライフイベントに対応できるでしょうか?

 

 

まぁはっきり言って、年収350万~400万円程度ではお先真っ暗ですよね。

 

 

PT・OTはできるだけ若い内から将来を見据えて行動することが、本当に大事になってきます。

» 給料面が不安なPT・OTが20代の内にやっておくべきこと

 

 

また、私が短期間で年収アップに成功した方法を以下の記事でまとめていますので、興味がある方は合わせてご覧下さい。

READ MORE
手取り19万円の現役療法士が2週間で月給30万円を達成した話   「この仕事、 もっと給料が高ければ良いのに…」   療法士として臨床で働いている傍ら、給料に不満を持っていませんか?     おそらくYesと答える...

» 手取り19万の療法士が2週間で月給30万を達成した方法

 

理学療法士や作業療法士の給料実態と給料が安い理由については、以下の記事をご参照下さい。

» PT・OTの給料が安い理由と上げる方法
» 20代の療法士の給料はいくら?

理学療法士・作業療法士が年収を上げるには?

 

昇給もほとんどなければ、年収の中央値もたったの351万円しかないリハビリ業界。

 

 

では年収を上げるためにはどうすればいいのか?

 

 

結論から言うと、医療分野ではなく介護・在宅分野へ転職することで年収はすぐに上がります。

 

 

国が在宅医療を推奨している方針もあって、介護・在宅分野の理学療法士や作業療法士は給料水準が高くなっているんですよ。

 

(この辺の話については【療法士として勝ち組になるには?|将来周りと差をつけるキャリアプランを解説】という記事で詳しく解説していますので、今日がある方は合わせてご覧下さい。)

 

 

しかし、新卒でいきなり訪問リハビリや老健などの職場へ行くと知識や技術が磨けないので、スキルアップ目的でまずは病院で経験を積むという選択をする人が多いわけです。

 

昇給がない業界では当たり前のことなんですが、結局のところ年収を上げるためには転職するしかありません。

 

 

逆に言えば、転職が比較的簡単にできる理学療法士や作業療法士は年収アップが割とイージーなので、そこはメリットだと思います。

 

 

ペンきち
療法士は給料が安いのが最大のデメリットだけど、就職・転職しやすいというのは最大のメリットだもんね。

 

 

ただし、リハビリ業界はどんどん供給過多になってきているので、今後を考えると早めに真っ当な給料が貰える職場へ転職した方が良いと断言できます。

 

 

PT/OTが給料を上げる方法については、以下の記事でも詳しく解説していますので参考にしてみて下さい。

» 手取り19万の療法士が2週間で月給30万円を達成した方法
» 療法士として勝ち組になるには?|将来周りと差をつけるキャリアプランを解説

 

 

理学療法士や作業療法士は将来性が危うい仕事の筆頭ですので、副業を実践して個人で生き抜くスキルを磨くのもおすすめです。
» PT/OTにおすすめの副業5選!

 

 

【関連記事】
» PT/OTで理想の職場を見つける方法|条件別におすすめの職場も解説!

理学療法士・作業療法士の年収中央値まとめ

 

今回はPT・OTの年収中央値について解説しました。

 

療法士の年収中央値は?

  • 療法士の年収中央値は351万円

 

 

PT・OTの平均年収は?

  • PT/OTの平均年収は409万6400円

 

 

年収中央値を参考にするべき理由は?

以下の理由により、平均年収よりも年収中央値の方が実情に近いため

 

  • 若手が多く、年収相場の低い医療機関で働く人が多い
  • 昇給額が少なく、年代別の年収差が少ない
  • 働く分野・領域によって年収の相場が異なる

 

 

理学療法士・作業療法士が年収を上げるには?

  • 医療分野ではなく介護・在宅分野へ転職する

 

まずは年収について実態を知らなければ行動も起こせませんし、自分の生活がある程度潤ってないと仕事のモチベーションを保つことも難しくなってきます。

 

需給バランスの崩れている理学療法士や作業療法士が今後豊かな生活を送っていくためには、早いうちから将来を見据えた行動をすることが本当に大事なってきます。

 

 

この記事が少しでも多くの理学療法士や作業療法士の参考になれば幸いです。

 

\プレミア求人多数!/
» PT/OTの優良求人を見る
※料金は一切かかりません。

 

あわせて読みたい
理学療法士として勝ち組になるには?|PTで勝ち組になれる4つの働き方 理学療法士や作業療法士の平均年収は409万6400円ですが、実はほとんど昇給がないという実態があるため生涯年収で見るとかなり絶望的です。では理学療法士がこの安月給から抜け出して勝ち組になるためにはどうすればいいのでしょうか?今回は理学療法士で勝ち組になるためのキャリアプランについて解説していきたいと思います。

 

あわせて読みたい
手取り19万円の現役療法士が2週間で月給30万円を達成した話   「この仕事、 もっと給料が高ければ良いのに…」   療法士として臨床で働いている傍ら、給料に不満を持っていませんか?     おそらくYesと答える...

 

あわせて読みたい
保護中: リハビリ職向け|1ヵ月で月10万円稼げた方法 この記事はパスワードで保護されています

» Twitterで月10万円稼いだ具体的な方法を伝授します

 

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる